不動産会社に相談することによって、メリットは増え生活が豊かになる

処理する

現在の主流である任意売却のメリット

現在では、住宅ローンの支払いができなくなったとき、一般的に任意売却という手段がとられます。そもそも高度経済成長期には、不動産価格は上昇を続け、担保割れするようなことはなかったのですが、バブル崩壊、リーマンショックなどの影響で不況が続き、金融機関は大量の不動産不良債権を抱えることになりました。任意売却は、そのような金融機関のための不良債権処理の制度なのですが、住宅ローンの支払いに困った債務者にとってもメリットの大きいものです。 任意売却のメリットとして、ほぼ市場価格で売却が可能なこと、近所に知られずに売却できること、交渉によって引越し代などが残る可能性があることなどです。 競売では裁判所にすべてまかせておけばよいのに対して、任意売却は手続きが煩雑で敬遠する人もいるようですが、任意売却専門業者に依頼することで手続きの煩雑さから開放されます。競売に比べてはるかにメリットが大きいので任意売却は今後さらに一般的になることだと思われます。

任意売却などの専門サービスを扱うプロたち

せっかく購入した自宅を、住宅ローンの滞納等で手放さなければならないことがあります。その際差押えがされる前に任意売却を行うことがあり、それらの専門サービスを扱うプロ達が存在します。それが司法書士や弁護士、不動産コンサルタントなどです。 住宅ローンの滞納から自宅が差押えられる前に、自宅を売却することを任意売却といいます。競売よりも高値で売却することができるため、住宅ローンの返済も行うことが可能です。その際上記のプロ達に相談することで、どのようにすれば高値で売却できるのか、また任意売却の手続きはどうやってすればよいのかなどの助言を行ってくれます。また手続きの代行を依頼することも可能なのも魅力の一つです。 住宅ローンが払えなくなった時は、差押えがされる前に任意売却の手続きを取るよう相談しておくことをお勧めします。